Pocket

新型コロナウイルス感染者がなかなか減少せず、日本全国でみると一日の新規感染者数が数百人のレベルとなっています。テレワークを含めてステイホームを余儀なくされる日々が続きそうですね。そのような日々は、英会話に興味のある人にとって大切の時でもあると思うのです。ゆっくり英会話の腕を磨く時間が取れるからです。

YOU TUBEには、英語のビデオが数多く収録されています。ネイティブ英語のリスニング力のトレーニングには、とても便利なツールとなっています。ここではステイホームをしながら、リスニング力をアップする使い方について考えていきましょう。

1. 自分の興味のある分野のビデオを選ぶ

YOU TUBEには、多くの分野の英語のビデオが納められています。せっかく観るのですから、自分の趣味のビデオであれニュースのビデオであれ、興味のあるビデオを選びましょう。英語のスピーキングを聞いていて途中で飽きてしまっては、リスニングのトレーニングになりませんから。

2.YOU TUBEの機能を上手に利用する

YOU TUBEには、スピーキングに追従して英語の字幕を表示させる機能が付いています。また、メニューバーの中にある「文字起こしを開く」をクリックすれば、スピーキングの内容が文章として表示され、スキーキングしている文章が強調されます。聞いただけで理解できる上級者の方は別として、最初はそれらの文章化機能を利用して、言っていることを確認しておくと良いでしょう。

3.分からない単語は意味を調べておく

スピーキングを聞いていて、あるいは英語の字幕を見ていて意味のわからない英単語が出てきたら、辞書で調べておくことが大切です。意味の分からない英単語は、何回聞いても意味を理解する事はできないからです。

4.ネイティブのスピーキングを繰り返し聞く

私達が日本人同士で会話をしている時には、主語、目的語、動詞を含む文を話している訳ではありませんね。文の一部をはしょったり、余計な言葉をはさんだりしながら会話をしています。ネイティブが、英語をスピーキングする時も全く同様です。また、ネイティブのナチュラルスピードのスピーキングについていくには、スピーキングを繰り返し聞き、慣れる事が大切ですね。

そこで例として、リスニングのトレーニング用のサンプルビデオを用意しました。アメリカのテニスプレーヤーのCoCo選手のインタビュービデオです。

このビデオを観る前に、少しだけ状況を説明します。CoCo選手は、アメリカのテニスプレーヤーの新星で、まだ15歳です。2019年に全米オープンの3回戦で、前年の優勝者である日本の大坂なおみ選手と対戦したのですが、惨敗でした。

勝敗が決まると、通常コート上で勝者がインタビューを受けることになるのですが、大坂なおみ選手は、負けたCoCo選手にもインタビューに加わるように誘いました。観客はアメリカのCoCo選手に注目していましたし、CoCo選手の涙を見て誘ったのです。この部分の詳しい様子を知りたい方は、記事「大坂なおみ選手のネイティブ英語スピーチからトップへの道を知る」をぜひご覧になってみてください。

その後、別途CoCo選手への個別のインタビューがありました。それが、このサンプルビデオです。難しい専門用語はほとんど出てきませんので、リスニング力を鍛えるにはこのようなビデオを聞くのが良いと思います。

記者のインタビューに対するCoCo選手のスピーキングの冒頭部分を、和訳付きで示します。

Coco Gauff: “She was crying, I was crying, everybody was crying!” | US Open 2019 R3 Press Conference

I mean during the match, I think she played amazing. I mean it was hard for me to take control of points obviously. I think she had way more winners than I did. And it was hard to kind of control the rallies, but I think I learned I will learn a lot this match. I mean she’s number one player in the world right now. So, I know what I need to do to get to that loved one after the match. I think she just proved that she’s a true athlete. I feel that, finished for me, the definition of an athlete is someone who, on the court I guess, treats you like your worst enemy, but off the court, can be your best friend. And I think that’s what she did.

試合中、彼女(大坂なおみ選手)は素晴らしいプレイをしたと思います。私にとって、細かな点をコントロールするのが明らかに難しかったです。彼女は、私よりも勝つ手段を持っていました。ラリーをコントロールするのが、難しかったです。でも、この試合から多くの事を身につけられるだろうということを学びました。現在、彼女は世界でナンバーワンの選手です。それで、試合後に素晴らしい点を得るのに何をする必要があるかを知っています。彼女は本当のアスリートであることを、まさに証明したと思います。終わってみて、選手の定義は、コート上では相手を最悪の敵のようにみなし、コートを離れたら親友になれるような人と感じます。それは、彼女が行ったことなのです。

Yeah, it was a packed crowd was my first time playing on Ashe. And obviously, I wish it was a different result, but it was still a great experience for me.

大観衆での最初の試合は、Ashe選手戦でした。そして明らかに異なる結果を望んだのですが、それでも私にとってすばらしい経験でした。

Yeah, I definitely know wanting to leave the court, because I’m not the type of person who wants to cry in front of everyone. And she and I didn’t want to take the moment away from her as well, and she told me that it’s better than crying in the shower, and she convinced me like multiple times to say, and I kept saying no. But then, finally I said okay, I’ll do it, because I didn’t know what to do. But I think that I’m happy that she kind of convinced me to do it. Because, I mean I’m not used to crying in front of everyone.

私は、コートから立ち去りたいと望むのをはっきりと知っています。私は、皆さんの前で泣くのを望むようなタイプでは無いからです。そして彼女と私は同様に、(勝利のインタビューの)瞬間を彼女から奪いたくなかったのです。彼女はシャワー室で泣いているより良いよ、と言いました。彼女は何回も言って、納得させようとしました。私はノーと言い続けましたが、最後には、オーケー、やるわ、と言いました。何をすれば良いのか、分からなかったからです。でも、彼女が私を納得させようとしたのは、幸せです。皆さんの前で泣くのは、慣れていないのです。

まとめ

ステイホームを続けながら、英会話のリスニング力をトレーニングする一例をご紹介しました。専門用語をなるべく含まないようなビデオを選び、ネイティブのスピーキングを繰り返し聞くのは、効果があると思います。次のステップとして、ステイホームしながら、オンライン英会話でその効果を確かめてみてください。

参考記事:
英会話をYOU TUBEでインプットしオンライン英会話でアウトプットして見よう

オンライン英会話ならネイティブ講師のオンライン英会話ボストン倶楽部

オンライン英会話

英会話 ブログランキングへ