Pocket

英語でスピーチをしなければならない機会は、英語を勉強している方なら必ずあると思います。中学校でも英語スピーチコンテストはありますし、社会人になれば仕事上のプレゼンテーション、はたまた海外の学会での英語での発表などがありますね。

そのような公の場ではなくても、普段のネイティブとの日常会話でも英語でのスピーキングをすることになります。そのようなスピーキングの際に、今まで気を付けてきたことをまとめてみました。発音やアクセントが正確かどうかわからなくても、日本人である自分がなんとかネイティブに言いたいことをできるだけ正確に伝えるための経験をまとめてみたといったら良いでしょうか。他の方法もあるかもしれませんので、いろいろな方法の内の1つと考えてみてください。

目次
1. スピーキングする時の英単語を決めてしまう
2. 1つの意味のみを持つ英単語を使う
3. 紛らわしくない英単語で言う
4. 発音しやすい英単語を使う

1. スピーキングする時の英単語を決めてしまう

ネイティブの言っていることを理解したり、英語の雑誌の文章を理解するためには、多くの英単語の意味を理解しておく必要があります。意味の分からない英単語を見つけたら、英和辞書を持ち出してきて、調べたうえで覚えるようにしているでしょう。そのようにしていると、日本語としては同じ意味であってもいろいろな英単語があることに気付くはずです。その自分の知っている多くの英単語の中から、自分がスピーキングをする時に使う英単語を決めてしまうのです。そのようにすることによって、英単語がスムーズに口をついて出てきてスピーキングがしやすくなるという面があります。その反面、英文の流れから考えて必ずしも適切な英単語を使っていないという場合も出てきてしまいます。ですが、誤解を招かない限りは前者を優先させることにしています。では、その英単語は、どのように決めれば良いでしょうか。以下に、これまで心掛けてきた使う英単語の決め方を紹介します。

2. 1つの意味のみを持つ英単語を使う

suspendという英単語があります。この単語は、「(一時)中止する」という意味と「延期する、保留する」というもあります。そのためこの英単語を使うと、中止するのか延期するのかはっきり分かりません。そこで、中止する時はstop、延期する時にはpostponeを使っています。
もう1つの例として、tellという英単語。皆さんご存知の「話す、言う」という英単語ですね。ところがネイティブは、「わかる」という意味でもこのtellを結構良く使うのです。言えるのはわかるから言える、という理屈でしょうか。例えば、He cannot tell time yet.と言えば、「彼はまだ時計(の見方)がわからない」となるのです。そのような意味でtellを使う自信がないので、understandを使うようにしています。

3. 紛らわしくない英単語で言う

buyと言えば、買う、購入する、と言う意味ですね。ところが、byも同じ発音をするのです。buy carと言ったのか、by carと言ったのか、聞いた方で紛らわしくないかと思ってしまうのです。本当は構文と文脈の流れから、どちらを言っているのは分かると思います。しかし、車を購入する、と言う時には少し堅苦しくなってしまいますが、明確に相手に買うことを伝えられるpurchase a carと言うようにしています。

4. 発音しやすい英単語を使う

英単語は、発音とアクセントが正しくないとネイティブには通じません。発音のトレーニングを続けてもジャパニーズイングリッシュになりがちな自分にとっては、スピーキングをネイティブに理解してもらえなかった経験があります。
例えば、物質の耐久性を英語では、durability of materialと言います。一般文献でもその英語を使っていますので、ネイティブにスピーキングしてみたのですが理解してもらえませんでした。durabilityの発音とアクセントが、正確でなかったためだろうと思います。ホワイトボードにスペルを書いて、初めて理解してもらえたという経験があります。その時からスピーキングが通じない時には、別の単語で言い換えるように心掛けています。上記の例ですと、enduranceという英単語があります。enduranceもやさしい発音の単語とは言い難いですが、durabilityとenduranceの2つの英単語を言うと、ほとんどのネイティブには理解してもらえます。一番良いのは、自分にとって発音しやすい英単語を決めておいて、必要時にはその英単語を使ってスピーキングするのが良いと考えています。

まとめ

英語をスピーキングする時には、自分で英単語を選ぶことができます。そのため、相手に自分の気持ちをできるだけ正確に伝えるために気を付けてきたことをご紹介しました。最初に、スピーキングをする時の英単語を決めてしまうという話をしました。それとは相反することになるかもしれませんが、自分の気持ちを正確に伝えるために幾つかある英単語の中から最も当てはまる英単語を選んで話さなければならない時もあります。
例えば怒ると言っても、
be mad at、 be angry at、 be offended at、
では怒っている程度がだいぶ違ってきますね。このような時は、最も適切な英単語を使わないと、怒りの程度が伝わらないことになります。スピーキングする時の基本方針を決めておいて、必要な時には言葉を選ぶというということでしょうか。


英会話 ブログランキングへ